敗血症とは

 

敗血症対策

 

世界敗血症デー

 

ご意見・ご質問

医療関係者の

皆様へ

GSA

GSA

世界敗血症デー 2015

敗血症の重症化を防ぎ、救命率を高めることを目標として、GSA(Global Sepsis Alliance)は、国際レベルの連盟として結成されました。GSAは、敗血症を世界規模で連携しながら、5つの目標を2020年までに達成したいと考えています。

 

  1. 感染症の予防対策により敗血症の発症率を20%低下させます。
  2. 敗血症の早期発見と治療体制の確立により救命率を10%改善させます。
  3. 世界中で、適切なリハビリテーションを受けられるようにします。
  4. 一般市民と医療従事者の敗血症に対する理解と認知度を高めます。
  5. 敗血症を予防・治療することによる社会的な効果を評価します。

 

敗血症をもっと詳しく知っていただくために。

敗血症というのは非常につかみどころのないものです。原因も様々で、症状も様々です。実のところ、敗血症の際にどのような生体反応が起こり、どのようにして臓器障害につながっているのかということがわかってきたのは最近の話です。新しく色々なことがわかるとともに、敗血症が意味する言葉の定義も変わってきたという背景があるため、なかなか医療従事者の間でも敗血症の認識が一定しないのかもしれません。

また、敗血症は“呼吸器内科の病気“とか”“消化器内科の病気”などという分類ができないため、大学などで敗血症を専門として携わる人が育ちにくかったことは否めません。今後「敗血症の専門家」と言える人がしっかりと敗血症治療や研究、医学教育をしていくことで、医療従事者はもちろん、広く一般に敗血症の認識が広がっていくものと考えています。

世界敗血症デー

現在 GSA JAPANでは、一般市民と医療従事者への敗血症の啓発活動を行っています。このため、毎年9月13 日の世界敗血症デーの市民向けイベントや講演会を企画したり、1年に数回医療従事者向けに「敗血症セミナー」を開催し、敗血症に関する最新の情報を提供しています。

世界敗血症デー 2016 in JAPAN

A. 敗血症セミナー in Tokyo

(医療従事者向け)

 9月3日(土)東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂

 

B. 啓発キャンペーン

(市民向け)

 東京・名古屋・新大阪での

 デジタルサイネージ広告展開

 9月5日(月)~9月11日(日)

 東海道新幹線 東京駅・名古屋駅・新大阪駅

世界敗血症デー 2015 in JAPAN

世界敗血症デー 2015 in JAPAN

 9月13日(日)

 (市民向け啓発イベント)

  • ミニライブ(テスラは泣かない。)
  • 敗血症を知るトークライブ
  • 敗血症を知るパネル展示
  • アンケートに答えて景品が当たる!抽選会

 有楽町駅前広場(JR有楽町駅中央口前)

世界敗血症デー 2014 in JAPAN

世界敗血症デー 2014 in JAPAN

9月13日(金)

市民公開講座

横浜みなとみらいランドマークホール

  • 敗血症って何?

市民向け啓発イベント

横浜みなとみらいクイーンズサークル

  • 敗血症を知るトークライブ
  • 敗血症を知るパネル展示

世界敗血症デー 2013 in JAPAN

A. 世界敗血症デー関連敗血症セミナー

(医療従事者向け)

 9月8日(日)新宿明治安田生命ホール

 

B. 世界敗血症デー 2013 in JAPAN

(市民向けイベント)

 9月13日(金)KITTE Marunouchi 1階広場

〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-7東京ビル8F

TEL:03-3815-0589 FAX:03-3815-0585

http://www.jsicm.org  http://www.world-sepsis-day.org

c 2017 The Japanese Society of Intensive Care Medicine All Rights Reserved.